まさに、その通りでしょう

日本の地方紙はじまったwww靖国批判に相次ぐ怒り!「靖国参拝で韓国外相の訪日が中止?それがどうした?そんな事で悪化する信頼関係など無意味」

日本のために戦い、殉死された英霊に対して、政府閣僚が参拝に行く事、それ自体が慰霊であり
またかつての戦争があった事を忘れてない証でもあります。

確かに日本は敗戦しました。
ただ、それがあるからといって殉死された英霊を否定する理由にはなりませんし、欧米やアジアの
殆どの国は、参拝を否定しておりませんし、非難するのは支那と朝鮮だけです。

私たちは、欧米の言う宗教観とはまた別の意味での死生観や歴史などに対する認識をもっています。
本来はアジア全域にあったはずですが、それは独立を保てない、すなわち、欧米の植民地化をされたり
経済的にも文化的にも破壊されたりした結果失われた国が多いという史実を物語っています。

特に支那は共産主義思想による、合理主義というか唯物的物質論をもって、死生観や宗教観を
ゆがめ、破壊しましたし、朝鮮半島はその歴史の中で宗教や倫理観を持つ事なく衰退や繁栄を
繰り返してきました。

それに対し日本は鎖国の効果もあり、独自の文化や習俗、風習などを守ってきました。

死者に対する礼節、敬意、どのような人物であれまたどのような事をしたものであれ、
死後はその御霊が安らかである事を願うという考えをもっています。

それを問題にしたのは戦後の反日的な思想の持ち主といっても過言ではありませんが、
日本の文化や心を理解していれば、参拝する事が戦争肯定などと言うようなものではない
というのは簡単にわかることだと思います。

今後も閣僚の参拝、ひいては天皇陛下による参拝がおこなわれる事を強く希望しています。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

まず政治家として襟を正す事をすべきでしょうね

海江田代表から電話のかかってこなかった落選議員が、激怒してるそうです

落選議員にも200万円臨時交付金として振り込むという大盤振舞をしている民主党の
代表が電話をした相手が、自分の携帯メモリの中の人だけということでひいきだの
なんだの言っているという話だそうですが、結局その自分がいい子いい子されたい、
という欲望しかない事を見透かされての落選という事を理解してないように思います。

日本のこと、日本国民のことを考えて行動していれば評価してくれる人というのも
出てくるとは思いますが、結局は自分の利益しか考えないのが民主党であるという、
その事実を露呈しているだけだと気づいていない所が哀れです。

これは彼らの心に、すでに日本人としての誇りもなければ意気込みも無い、ましてや
国や国民を思う、無私の政治家としての心の欠片すらない事になると思います。

もちろん、今の政治家でそのような心をもって仕事してる人が少ない事は
事実だと思いますが、それでも欠片くらいは持っているものです。

落ちてなお交付金を貰い、さらに文句を言う。

このような、汚い心ねが果たして日本の政治家としてふさわしいのでしょうか?
私たち日本の心を学ぶ会は、より多くの人に日本人の、日本の文化や歴史に
根付いた精神性や考え方などをもって生活の中に生かしてほしいと思って
勉強会を開いておりますが、このような勉強会にはこういう民主党の議員の
ような心根の持ち主にこそ来て、心神を鍛えなおしてほしいところです。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

安全保障

昨日の勉強会で、やはり今回のテロに関する事に対して、さまざまな意見がでました。
多くは、日本が動かない(動けない)ことへの不満や不安なのですが、現在動けないと言う事の大きな理由にはやはり自衛権をもちながら交戦権を認めない9条の問題があると思います。

9条を錦の御旗に、日本の軍事弱体を推し進める、求める層はまだまだ多く存在します。
ただ、その軍事行動=日本が侵略する!という図式だから、今の時代にまったくあっていないというのは存在すると思うのです。

おりしもアルジェリアでのテロ。
巷では、中国政府の計略的な話もでていますし、日本のODAでばら撒きを行いアルジェリア政府を子飼い、すでに経済奴隷、植民地にしているという話も聴きます。

その中でのテロですから、中国陰謀説があってもおかしくはないのです。

そしてその中で、日本がタスクフォース、人質奪還部隊を出せない事は非常に憤りをもって語られる事なのですが、その行動の制限はやはり平和主義という名の盲目的信仰と、9条絶対主義にあると思います。

テロリストに話は通用しません。
テロリストは暴力をもって恐怖を利用し、人を言いなりにさせよう、要求を通そうとする行為です。

話を聴く必要はないのです。
(この点では革命軍とも維新軍とも違いますし、ベトコンなどもテロリストではありません)

たとえ9条の精神にのっとって話したところで、彼らは要求が通らなければ殺します。
武器をもって、蹂躙をしてきます。
無防備宣言など、言いようにしてください、と言っているようなものなのです。

彼らは殉教をする事を願っているから、死を恐れませんし、殺す事も恐れません。

その中で朝日が言うようなこんな事は、絵空事どころか非現実的な幻想以外なにものでもないのです。
朝日「日本人をテロからどう守るか?米英仏のように重武装の特殊部隊を待機させておくのは論外だ」

ある漫画での言葉ですが、テロはがん細胞です。
がん細胞と人体は共存できません。
話し合いの余地がないということではカルト教団と変わりはないのです。
周りは全て敵。
このような思想の持ち主、考えのもと行動し、全てを破壊する事を望む相手に対して、武装した勢力をもって対抗する以外、人質がとられたときにどう対処できるのでしょうか?

朝日新聞はその事に対して何も提言していません。

私たちは日本人として、文化、風習の中に和をもっていますし他者を尊ぶ心を持っています。
ですが蹂躙されたり悪逆非道を繰り返されて、黙って殺されていくような精神は持っていません。

力をもって暴虐を尽くす相手に対し、力で対抗することもまた大事であるし、その力は国民を守るもの。
これを再認識して多くの国民がこれからの世界を見つめなおす事を切に願います。


もし、武力以外の方法でなんとかなる、というのであればその思う手段をもってそれを主張する人たちは、私たちに見せてほしいものです。
会話や無防備などで、人質が開放されるなら、すでに行われていると思います。

テーマ : 軍事・平和
ジャンル : 政治・経済

『街頭演説』のご報告

当日本の心を学ぶ会の講師もなさっております、瀬戸ひろゆき先生の呼びかけで
行われた日米同盟の重要性を訴える街頭演説に当会代表渡邊昇が参加いたしました。

その報告をさせていただいきます。

以下は、渡邊のブログからの引用です。
あいにくの雨であるが交通事情により予定時間を少し遅れて到着!!

 本日は瀨戸弘幸さんのお誘いで午後12時30分より有楽町マリオン前にて今こそ考えよう日米同盟の重要性と題した演説会である。

 若い人たちが国旗日の丸と星条旗を伸縮ポールに掲げて演説の準備をしている。

 最初の弁士を務めよと仰せである。

 いつもの街宣では緊張などしながこの活動に関わり星条旗も掲げて演説するのは複雑な心境である。

 東京大空襲、広島長崎の原爆投下、東京裁判、現行憲法の押し付けなどを風化させるつこりはない。
 
 俺の勝手な考えだが星条旗を掲げたからと親米とはちょっと違う。アメリカと五部の付き合いが出来なくとも五厘下がりくらいの付き合いができる国にしたいのである。

 我々日本人がアメリカからパートナーとして認められる 真の同盟国にならなければならないのである。

 それが本当の自主独立である。

 孫氏の兵法で、『百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり。戦わずして兵をくっするは、善の善なる者なり』とある。
 これを見事に実践しているのが中国共産党による日本や台湾侵略ではないか!!

 早い話が支那や北朝鮮、韓国、ロシアの横暴に対し上手くアメリカを使えよ!!と言いたいのである。

1933836

第8回日本の心を学ぶ会勉強会のご案内

平成22年を振り返ると皇紀2670年の節目の年でありますが、日米安保50周年、鳩山内閣解散、管内閣成立、普天間基地問題、日韓併合100年、そして尖閣諸島事件、北朝鮮・韓国の軍事衝突と、まさに風雲急を告げる激動の年でありました。
然しながら敬神勤皇、國体護持の我々の運動を振り返りますと、未だ大御心にかなう真日本人として成りえて無いのが現状ではないでしょうか。


修理固成、光華明彩。この日は天長節一般参賀が皇居にて祝賀されますが、この日を合わせて國体に関するテーマ、そして時局と関連させた勉強会を下記の通りに開催致します。当日は忘年会も兼合いますが皆様お誘いあわせの上ご出席頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

【日 時】 平成22年12月23日(木) 午後5時45分開場 6時開会 8時まで講義その後は質疑応答
【登壇者】 講 師 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所 http://www.max.hi-ho.ne.jp/m-shinomiya/
       講 師 瀬戸弘幸先生 せと弘幸Blogu 『日本よ何処へ』 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
【司会者】 日本の心を学ぶ会 代表 渡邊昇

【場所】
港区生涯学習センター「ばるーん」304学習室
東京都港区新橋3-16-3 TEL:03-3431-1606
交通機関 JR:新橋駅下車 烏森口徒歩3分
地下鉄 浅草線・銀座線・ゆりかもめ:新橋駅下車 JR乗り換え口 徒歩4分
地下鉄 三田線:内幸町駅下車 A1出口徒歩10分

【参加費】
資料代500円 終了後、近隣で懇親会(忘年会的になると思います)(3000円くらいの予定です)

【連絡先】
日本の心を学ぶ会事務局
埼玉県川口市安行藤八33-13
電話:090-8770-7395
尚、問い合わせは、港区生涯学習センター「ばるーん」にせずに、日本の心を学ぶ会事務局までご連絡を下さい。

渡邊昇
住所 埼玉県川口市安行藤八33ー13
携帯電話 090ー8770-7395

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

日本の心を学ぶ会

Author:日本の心を学ぶ会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR