第四十回日本の心を学ぶ会

第四十回日本の心を学ぶ会は、瀬戸弘幸先生の主催する「政教分離を求める会」との共同開催となります。

「政教分離を求める会」「日本の心を学ぶ会」合同勉強会のおしらせ

「日本の心を学ぶ会」ではこれまで三九回にわたって、歴史、和歌、國體論を中心に「日本の心」「日本伝統精神」を学んでまいりました。
第四十回の勉強会は、瀬戸弘幸先生の主催する「政教分離を求める会」と合同で開催することになりました。

 演題は二本立てとなり、政教分離を求める会のお招きする山村明義先生には、「自公政権と集団的自衛権の行方」として南シナ海で牙をむく中国の覇権主義など厳しさを増す日本の周辺情勢と解釈改憲で集団的自衛権の容認に突き進む自公連立政権について講演していただきます。

 四宮正貴先生には「楠公精神と現代」という演題で講演をしていただきます。
楠木正成は南北朝動乱の時代に後醍醐天皇の呼びかけに応じ討幕の兵を挙げ建武の中興の立役者となった武将です。

楠公が歴史上の表舞台で活躍したのは赤坂城の挙兵から湊川の戦いまでの五年間にすぎません。
しかし、後世に与えた影響は大きく、その身を持って示した勤皇精神は明治維新の志士に大きな影響を及ぼしております。
明治維新は楠公精神の継承と実践が原動力であったといえます。

そして、今回の勉強会が開催される五月二十五日は湊川の戦いで弟の正季と「七たび人と生まれ、逆賊を滅ぼし、国に報いん」と、七生報国の意思を確認し刺し違えて自害された日です。
この日に私たちは明治維新の精神的基盤となった楠公精神を学びたいと思います。

そして、楠公精神をもって討たねばならない現代における「逆賊」についても議論したいと思います。
みなさまお誘い合わせのうえご参加ください。

【日 時】平成26年5月25日(日)午後5時30分より
【場 所】文京区民センター 2-B会議室
東京都文京区本郷 4-15-14 地下鉄春日駅 下車1分(大江戸線、三線)、 後楽園下車3分(丸の内線、南 北線)JR(水道橋)
【演 題】 第一部「自公政権と集団的自衛権の行方」 
      第二部「楠公精神と現代」
【登壇者】第一部 山村明義先生 作家・ジャーナリスト
      第二部 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所     
【司会者】 林大悟
【参加費】資料代500円 終了後、近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)
【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395

第三十九回日本の心を学ぶ会のお知らせ

第三十九回日本の心を学ぶ会
演題「御製に学ぶ昭和天皇とその時代」


四月二十九日は「昭和の日」です。

「昭和の御代」は日本史のなかで最も激動の時代でした。
大東亜戦争の敗戦、そして米軍によるわが国土の徹底的な破壊、占領と復興、こうした未曾有の事態が続いたのが「昭和の御代」です。

先帝・昭和天皇は、この激動の時代に常に国家の安定と国民の幸福を祈られ、国民と共に苦楽を共にして来られました。
そのご苦労はいかばかりであったでしょうか。

歴代天皇の詠まれた和歌のことを「御製」と申し上げ、「おほみうた」とも申し上げます。
歴代天皇の大御心は、「御製」によって拝することができます。
昭和天皇も、その時々の大御心を和歌という形でお示しになられました。


天皇が和歌をお詠みになるのは、国家の安定と国民の幸福を祈られる天皇の「まつりごと」と一体です。
天皇がお歌を詠まれることにより、その言霊の力が、国土の豊穣と民の平安をもたらすのです。

天皇は、神の御心のままに國を治められると共に、臣下・民の心を良くお知りになり、お聞きになって、この國を統治あそばされるのです。
そして、天皇と民の心をつなぐものが「やまとうた」=和歌です。
天皇は御製によってその御心を民に示したまい、民もまた歌を捧げることによって民の心を天皇にお知りいただくのです。
その傳統は、太古から今日まで継承されています。
毎年行われる「新年歌會始」は、その傳統に基づく行事です。

昭和天皇はその八十七年の御生涯で約一万首の御製をお詠みになりました。
宮内庁御用掛として、天皇と皇族の和歌のご相談にあずかった歌人・岡野弘彦は「天皇のお歌には天皇でなければ出てこない特有の大きなしらべがある」と言っております。
その歌風は、上御一人でなければ詠み得ない、無上のしらべがありました。

昭和天皇は記者会見のなかで御製の「作歌の態度」についての問われた時に「できるだけ気持ちを率直にあらわしたい」と仰せになられました。

今回の勉強会では、昭和天皇の御製を拝し、昭和天皇の大御心とお偲びするとともに、昭和の激動の歴史の振り返りたいと思います。

皆さんご誘いのうえご参加ください。


【日 時】平成26年4月27日(日)午後6時より
【場 所】文京区民センター 2-B会議室
東京都文京区本郷 4-15-14 地下鉄春日駅 下車1分(大江戸線、三線)、 後楽園下車3分(丸の内線、南 北線)JR(水道橋)
【演 題】御製に学ぶ昭和天皇とその時代
【登壇者】講 師 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所     
【司会者】 林大悟
【参加費】資料代500円 終了後、近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)
【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

諸般の都合により今月の勉強会もお休みさせていただきます

日本の心を学ぶ会事務局です。

今月も諸般の事情により、勉強会をお休みさせていただきます。
勉強会を楽しみにして頂いている方も多いと思いますが、ご迷惑をかけてもうしわけありません。

来月はちゃんと開けるようにしたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

第三十二回日本の心を学ぶ会のお知らせ

第三十二回 日本の心を学ぶ会

演題 吉田松陰の辞世歌

日本の維新変革には浪漫があります。
一掬の涙があります。
そして歌心・詩心があります。愛国運動、真正保守運動には、思想精神・理論が大切であることを言うまでもありません。

しかし、その根底に歌心がなければならないと思います。
明治維新の志士たちも、大東亜戦争で散華なされた英霊も、「やまと歌」を遺しました。

「日本の心を学ぶ会」では、今月より数回のシリーズとして、幕末維新の志士たちが遺した「やまと歌」を学んでいきたいと思います。

維新の志士たちが詠まれた「やまと歌」や漢詩を学び、その志を継承したいと思ひます。

今月は、吉田松陰の辞世を学びたいと存じます。

辞世とはこの世に別れを告げる時に遺す詩歌のことです。
吉田松陰の辞世を学ぶことによって松蔭の尊皇攘夷の精神を少しでも継承しようではありませんか。

和歌を学びたい人は、ご自身で一首詠まれての参加も歓迎します。
皆様お誘い合わせの上ご参加頂けますようよろしくお願い申しあげます。



【日 時】 平成25年5月26日(日) 午後5時45分開場 午後6時開会
【場 所】 文京区民センター 会議室 
      東京都文京区本郷 4-15-14
      地下鉄 春日下車1分(大江戸線、三田線)、後楽園下車3分(丸の内線、南北線)、JR(水道橋)
【演 題】吉田松陰の辞世歌
【登壇者】 講師 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所代表
【参加費】 資料代500円
【連絡先】 渡邊昇 090-8770-7395

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

第30回 日本の心を学ぶ会

演題【案】 現代における攘夷とは

真正保守運動・維新運動の目的は、天皇を中心とする日本国体・道義国家日本を開顕することにあります。
そしてそれは、明治維新の基本理念であった「尊皇攘夷」の継承であります。

行動する真正保守運動・維新運動のネットなどを活用した政治運動は過渡期に立たされていると考えます。
敵性国家によるわが国への侵略策謀に対する防衛・糾弾活動について「レイシスト(人種・民族による差別主義者)」「ヘイトスピーチ(人種、民族、国籍、宗教・思想などを理由に誹謗中傷、差別的行為を煽動するような言動のこと)」であるとの批判が一部から起っています。

日本伝統信仰たる神道は、「穢れ」を嫌います。「攘夷」とは「穢れ」を祓い清める運動と言っても良いと思います。
しかし、「尊皇攘夷」の精神は、特定の民族や国家を理由もなく排斥し、差別し、殲滅することではありません。
罪穢れを祓い清めることによって、本来の清らかな姿を回復するということであります。
現代日本における攘夷運動は、ヨーロッパにおける「民族浄化」や支那に於ける「中華思想」「他民族蔑視」とは全く異なります。

そこで、現代における「尊皇攘夷」「国家民族防衛」について参加者一同で議論を交わして明日の運動に繋げたいと思いますので皆様お誘い合わせの上ご参加下さいますようお願い申し上げます。



【日 時】 平成25年3月31日(日) 開場午後5時45分 開会午後6時
【場 所】 文京区民センター3D会議室 
 東京都文京区本郷 4-15-14 地下鉄 春日下車1分(大江戸線、三田線)、後楽園下車3分(丸の内線、南北線)、JR(水道橋)   
【演 題】 民主党政権崩壊後の愛国運動とは
【登壇者】 講師 瀨戸弘幸先生 せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』
       講師 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所代表
【参加費】 資料代500円 終了後、近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)
【連絡先】 渡邊昇 090-8770-7395

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:日本の心を学ぶ会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR