中川昭一先生がなくなってものすごく時間がたった感じがします。

それでもまだ、4年ほどなのですね。
中川先生が生きていれば、今の日本の景気の問題や、対外問題などに、安倍、麻生両名と共に、強く立ち向かっていたと思います。

故・中川昭一「いくら世界のためだ、黙ってカネを出せと言われても、日本はキャッシュ・ディスペンサーになるつもりはない」今思えば遺言だった…産経編集委員田村秀男

民主政権を越えたとは言え、まだまだ日本は危機的状況に有る事には変わり有りません。
あれほどまでに「中川昭一」と言う人物を叩いたマスコミが手のひらを返すような事をいいだしたり、増税と言う事で(まだ決まってもいないのに)安倍政権を叩くためにメディア自らが殺したとも言える、中川先生を利用する様は虫唾が走る思いを感じます。

このようなメディアの元、日本は日本人としての心というものが多くの人から失われているように思います。

私たちの勉強会はそういう失われた日本人の心、魂を日本人全てに復活させることをできるくらいには大きくしたいとも思っています。

最も今は、震災復興のため、思うように勉強会を開くこともできません。
ですが、今まで学んだ事を社会に生かすこと、生活に生かすことで、日本人の心や魂といったものを、広げ、よみがえらせて行く事ができると信じています。

故中川先生のように志半ばで言ってしまった国士のような人たちのためにも、自分たちが日本人としての心や、気持ちをわすれないようにしないといけません。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本の心を学ぶ会

Author:日本の心を学ぶ会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR