日本の心を学ぶ会 第17回勉強会のお知らせ

『日米関係論―アメリカといかに付き合うか』


 嘉永六年(1853)に米国印度艦隊の来航以来、日本はアメリカの存在を常に重きを意識しなければなりませんでした。
 日米通商条約、大東亜戦争、原爆投下、日本占領統治、日米安保などを顧みても日本にとってアメリカは敵なのかそれとも味方なのか我々現代日本人はあまりにも巨大であるアメリカの存在を敢えて直視してこなかった現実も正直あるのでは無いでしょうか。
 アメリカ大統領が来日の際に靖国神社を参拝する事を拒否した外務省の対応と、その事実がアメリカの公文章が公表されてやっと一部のマスコミが報道した事実がその事を如実に表わしているのではないでしょうか。
 日本の真の独立である自主憲法制定、自主国防体制確立は日本民族の悲願でもあるはずなのに、アメリカの存在を直視できないからこそ、真の独立も神武創業の復古維新も出来ない現実があるのではと思います。
 親米でもなく、反米でもないアメリカの存在自体を参加者と共に検証しつつ、今回の勉強会を進めて行きたいと思いますので皆様お誘い合わせのうえご参加いただけますよう宜しくお願いいたします。


【日 時】 平成23年10月30日(日)
     午後1時45分開場 午後2時開会
【場 所】港区生涯学習センター(ばるーん)
東京都港区新橋3-16-3 
JR新橋駅下車 烏森口徒歩3分地下鉄 浅草線・銀座線・ゆりかもめ:新橋駅下車4分
【演 題】日米関係論―アメリカといかに付き合うか
【登壇者】講師 瀬戸弘幸先生 せと弘幸Blogu 『日本よ何処へ』 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
講師 四宮正貴先生 四宮正貴政治文化研究所 http://www.max.hi-ho.ne.jp/m-shinomiya/
     司会者 松本創 日本の心を学ぶ会 事務局長
【参加費】資料代5百円 終了後 近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)
【連絡先】日本の心を学ぶ会事務局
埼玉県川口市安行藤八33-13
電話 090-8770-7395
※ 問い合わせは、新橋生涯学習センターではなく、日本の心を学ぶ会事務局までお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本の心を学ぶ会

Author:日本の心を学ぶ会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR