FC2ブログ

第98回日本の心を学ぶ会

天皇の祭祀について

令和元年の11月に、新天皇陛下のご即位に伴う大嘗祭が執り行われます。

大嘗祭とは毎年行われる新嘗祭とは区別された一世に一度の皇位継承儀礼です。
新天皇御自ら日本各地の収穫物を天照大神と天神地祇に供え五穀豊穣と国民の安寧と祈る祭祀儀礼です。
これは遠い昔に滅び去った儀礼でも形式だけが伝えられた文化遺産でもありません。
天皇というご存在の本質が最高の祭り主であるということを現代にはっきりとしめす日本の伝統信仰の祭祀であります。

このような大嘗祭をはじめとする天皇の祭祀を公的行事として行うことや公費を使うことについて一部に「現行憲法」の定める「政教分離の原則」に反するという批判があることも事実です。
このような批判は昭和から平成の御代替わりの時から繰り返された日本の歴史的な事実を無視した、ためにする批判にすぎません。

しかし、天皇の祭祀・皇位継承という國體の根幹に大切な事について、もう一度改めて考えることも大切ではないでしょうか。
そこで今回の勉強会では、天皇の祭祀及び皇位継承について考えてみたいと思います。

(今回は文京シビックセンターでの開催となります。文京区民センターではありません。ご注意ください)

【日 時】令和元年8月25日 午後6時から

【場 所】文京シビックセンター 三階会議室A

文京区春日1-16-21 東京メトロ後楽園駅・丸の内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分、都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分、JR総武線水道橋駅(東口)徒歩9分

【演 題】大嘗祭・新嘗祭の意義と「現行憲法」

【講 師】四宮正貴先生 四宮政治文化研究所代表

【司会者】林大悟

【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(2千円くらいの予定です)

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本の心を学ぶ会

Author:日本の心を学ぶ会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR