FC2ブログ

第102回 日本の心を学ぶ会

日本の伝統信仰を考える

 日本人は何千年にもわたる歴史のなかで独自の信仰をはぐくんできました。
 私たちの先祖は自然の中で稲作を中心とした農業や、漁業を行い生活してきました。
 自然は人間に恵みをもたらしますが、同時に猛威をふるい害を与えることもあります。
 日本人はそんな自然の中に神の働きを感じ、祭祀を行い感謝の心をささげてきました。

 この伝統信仰は六世紀には神道と呼ばれるようになりました。

 神道は古代から国民の生活と密接にかかわっており神道の伝統の中には日本人の価値観や叡智が生きております。
毎年数多くの人が地域の神社へ初詣に参拝することを見てもこの信仰は過去の遺物ではなく今を生きる伝統であることがわかります。

昨年の皇位継承にまつわる一連の儀礼は日本の祭り主が天皇であり、天皇の祭祀によって統合される祭祀共同体としての日本国の本姿をはっきりと多くの国民の前に示したように思います。
天皇の祭祀によって日本の伝統信仰は今を生きる神話として継承されております。

日本の伝統信仰を見直すことは知ることは日本人が歩んできた道をもう一度見直すことにもなります。
今年最初の勉強会では日本の伝統信仰について考えてみたいと思います。

【日 時】令和2年1月26日(日)午後6時より

【場 所】文京区民センター 3-D
文京区本郷4-15-14/03(3814)6731都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分/東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15分/都バス(都02・都02乙・上69・上60)春日駅徒歩2分

【講 師】四宮正貴先生(四宮政治文化研究所 代表)・犬塚博英先生(民族革新会議 議長)

【司 会】林大吾

【参加費】資料代1000円終了後、近隣で懇親会(2千円くらいの予定です)

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395
スポンサーサイト



プロフィール

日本の心を学ぶ会

Author:日本の心を学ぶ会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR