第五十回「日本の心を学ぶ会」

「愛国維新運動の使命と課題を考える」

日本の心を学ぶ会も今回で50回を迎えます。
第一回以来、五年間、国体観、尊皇精神、神道、維新の道統など様々な分野から日本の伝統精神を学んできました。
「二回参加したら正会員、五回の参加で幹部」と言うぐらい緩やかな集まりの勉強会ですが、学んだことを参加者がそれぞれの実践の場で活かす「実践のための勉強会」を目指してきました。

「実践の場」が政治運動であれ、仕事や家庭であれ良き日本人として「日本の心」を知ることは必須の教養と言えるでしょう。
そもそも「日本の心」とは日本を日本たらしめている根本的な精神であります。
我が国は過去何度も、国家的危機に遭遇しながらも常にその危機を乗り越え国家の命を再生してきました。
こうした国家を革新し、国難を打開する原動力となったものこそが、現御神日本天皇を君主と仰ぐ共同体精神=日本国体精神即ち「日本の心」であります。

「日本の心」をもとにした国家の革新は大化の改新、建武の中興、明治維新など歴史の中に繰り返し立ち現われております。
占領下においてGHQがおこなった神道指令や「憲法の押しつけ」などはこのような国体精神=「日本の心」を隠蔽し、日本を弱体化させることを目的としたものであります。

このような日本破壊工作は占領が解除された後も日本の破壊を目指す勢力によって継続して行われており、日本破壊の工作はついに実を結び始めていると言えます。

私どもはこのような現状認識のもと真の国体精神を回復し真の日本を取り戻すため「日本の心」を学んで参りました。
今回は節目と成る第五十回の勉強会となるため、「実践のための勉強会」に立ち戻り「維新愛国運動の使命と課題」について議論したいと思います。

みなさんお誘い合わせの上ご参加ください。

【日 時】平 成27年4月26日(日)午後6時00分より

【場 所】文京シビックセンター 三階 会議室C
東京都文京区春日1-16-21 
東京メトロ後楽園駅・丸の内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分
都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分
JR総武線水道橋駅(東口)徒歩9分

【講 演】
「現代日本の危機打開と『尊皇攘夷』の精神」 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所

(瀬戸弘幸先生は現在調整中です。)

【司会者】林大悟

【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395
スポンサーサイト
プロフィール

Author:日本の心を学ぶ会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR