第四十五回日本の心を学ぶ会

憲法を考える。

近年、「憲法」に注目が集まっています。
安倍総理が憲法96条の改正に強い意志を表明したことや、「解釈改憲」で「集団的自衛権」を認めたことから、憲法が関心を集め、各方面からが「改正試案」が提出されるなどさまざまな議論がなされています。

「憲法」は国家の最高法規であります。
ゆえに、その国の伝統精神及び歴史に根ざした基本原理を明示したものであらねばなりません。

しかしながら、歴史上、戦争や内乱などその国の重大な局面において改正されたり、制定されたということがありました。そういう意味で、憲法は「歴史の象徴」としての側面があることも見過ごせません。

「日本国憲法」という名の『現行占領憲法』もまたそのような「歴史の象徴」としての 側面を持っています。
『現行占領憲法』は、敗戦直後、戦勝国による「國體破壊」の恫喝のもとに押しつけられたものです。

当時、米国の上院は、昭和天皇を裁判にかけることを決議し、いわゆる「天皇制廃止 」を要求する動きはソビエトや豪州など連合国の中にも根強く存在しました。

占領下で行われた戦後初の国政選挙は、現職466名の議員のうち381名が公職追放され出馬資格をはく奪された状態で行われました。
「公職追放」を巧妙に利用し議員を入れ替え事実上の言論封鎖を行ったのです。GHQは公職追放を利用して日本を弱体化させ、日本政府をコントロールしやすい状態を作ったのです。

『日本国憲法』はこのような異常な状態のなかで「制定」されました。

敗戦と占領、戦勝国の銃剣の圧力によって押しつけられたという「歴史の象徴」を背負っていることから、この「日本国憲法」という名称の『占領憲法』には正統性はありません。

現実の政治問題として憲法改正が語られることが多くなってきた今 、我々はもう一度、冷静に我が国にふさわしい憲法について考える必要があると思います。

今回の勉強会では、「憲法」について考えてみたいと思います。

今回は、一般社団法人日本政策協会理事長である遠藤健太郎先生をお迎えして、「行政を侵食する占領憲法」という演題で『占領憲法』が行政の場でどのような影響を及ぼしているか実例を交えて講演していただきます。

四宮正貴先生には「立憲主義と『現行占領憲法』」という演題で講演をしていただきます。

(瀬戸弘幸先生は都合により欠席です)



【日 時】平成26年10月26日(日)午後6時00分より
【場 所】文京区民センター3-D会議室
東京都文京区本郷4-15-14 
地下鉄春日駅 下車1分(大江戸線、三田線)
後楽園下車3分(丸の内線、南
北線)JR(水道橋)

【講 演】 
「行政を侵食する占領憲法」
講師・遠藤健太郎先生 一般社団法人 日本政策協会

「立憲主義と『現行占領憲法』」
講師:四宮正貴先生 四宮政治文化研究所 

【司会者】林大悟

【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395
スポンサーサイト
プロフィール

日本の心を学ぶ会

Author:日本の心を学ぶ会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR