まさに、その通りでしょう

日本の地方紙はじまったwww靖国批判に相次ぐ怒り!「靖国参拝で韓国外相の訪日が中止?それがどうした?そんな事で悪化する信頼関係など無意味」

日本のために戦い、殉死された英霊に対して、政府閣僚が参拝に行く事、それ自体が慰霊であり
またかつての戦争があった事を忘れてない証でもあります。

確かに日本は敗戦しました。
ただ、それがあるからといって殉死された英霊を否定する理由にはなりませんし、欧米やアジアの
殆どの国は、参拝を否定しておりませんし、非難するのは支那と朝鮮だけです。

私たちは、欧米の言う宗教観とはまた別の意味での死生観や歴史などに対する認識をもっています。
本来はアジア全域にあったはずですが、それは独立を保てない、すなわち、欧米の植民地化をされたり
経済的にも文化的にも破壊されたりした結果失われた国が多いという史実を物語っています。

特に支那は共産主義思想による、合理主義というか唯物的物質論をもって、死生観や宗教観を
ゆがめ、破壊しましたし、朝鮮半島はその歴史の中で宗教や倫理観を持つ事なく衰退や繁栄を
繰り返してきました。

それに対し日本は鎖国の効果もあり、独自の文化や習俗、風習などを守ってきました。

死者に対する礼節、敬意、どのような人物であれまたどのような事をしたものであれ、
死後はその御霊が安らかである事を願うという考えをもっています。

それを問題にしたのは戦後の反日的な思想の持ち主といっても過言ではありませんが、
日本の文化や心を理解していれば、参拝する事が戦争肯定などと言うようなものではない
というのは簡単にわかることだと思います。

今後も閣僚の参拝、ひいては天皇陛下による参拝がおこなわれる事を強く希望しています。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

第三十一回 日本の心を学ぶ会 お知らせ 

演題 維新変革・国家の危機打開と言霊の復興

政治活動を志す者として言葉は大事です。
言葉の乱れは世の乱れとも言われます。
日本は古代より「やまと言葉」には霊が宿っているという言霊信仰があります。
日本は「言霊がさきはふ國」と言われています。

「さきはふ」とは「豊かに栄える」「興起する」という意味です。
内憂外患交々来るといった状況にある今日こそ、「言靈のさきはへ」が必要です。
「やまと言葉」とりわけ和歌には言霊が籠められています。
明治維新の志士も多くの和歌を詠みました。
大東亜戦争の英霊も多くの歌を遺しました。
和歌が復興した時代こそが維新の時代です。
維新を目指す我々は、和歌の力・言霊の力の偉大さ實感すべきです
今回は、維新変革・国家の危機打開と言霊の復興について考えたいと思います。

どうぞ皆様お誘いあわせの上ご参加くださるようお願い申し上げます。



第一部 瀨戸弘幸先生を囲み参加者との懇談 
主題『 日韓関係を考える』
第二部 講演会 講師 四宮正貴先生 
演題『維新変革・国家の危機打開と言霊の復興』

【演 題】 維新変革・国家の危機打開と言霊の復興
【登壇者】 講師 瀨戸弘幸先生 せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』
      講師 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所代表
【日 時】 平成25年4月28日(日) 開場午後6時 開会6時10分
【場 所】 文京シビックセンター5階 区民会議室5-A
      住所 東京都文京区春日1−16−21
【参加費】 資料代500円 終了後、近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)
【連絡先】 渡邊昇 090-8770-7395

※ 今回は文京区民センターではなく向かいのシビックセンター5階です。

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:日本の心を学ぶ会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR