第16回勉強会登壇者の変更

すでに24日も近づいておりますが、先日の台風の影響でせと弘幸先生が後片付けなどで
出席できなくなってしまいました。
楽しみにしていた方には申し訳ありません。

しかし、これも多様な自然の中において恵みを受けている日本という国の中にあるひとつの
試練として乗り越えるのも神国日本の姿勢と思っております。

自然への礼節、神々への礼、祖先への感謝を忘れずこれからも活動をしていきたいと
思っておりますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

当会の代表渡邊昇のブログができましたのでリンクいたしました

当日本の心を学ぶ会の代表、渡邊昇がブログを解説いたしましたので、ここに紹介させていただきます。

一介の素浪人

会の情報のほかに政治、時局、人生訓など多様に書き連ねているブログとなっております。
是非、読者となっていただきたいと思います。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

第16回日本の心を学ぶ会のご案内

今日のアジア情勢は、覇権主義国家・帝国主義国家たる「共産中国」が覇権確立に狂奔し、平和と道義が踏みにじられております。「共産中国」は日本そしてアジア全体を支配下に置こうとしております。「中華人民共和国」は、「中華帝国がアジアそして世界を支配する」ことを目指した「中華帝国主義国家」であります。
多くの支那民衆の命を犠牲にして建国された革命覇権国家が「中華人民共和国」です。わが国は、神武天皇が発せられた『即位建都の詔』に「六合(くにのうち)を兼ねて以て都を開き、八紘(あめのした)を掩(おほ)ひて宇(いへ)と爲(せ)むこと、亦可(よ)からずや」と示されております通り、「真の世界平和実現」「道義国家日本建設」が肇国の理念でありす。この理念を実現するためには、まず以て「中華帝国主義」を徹底的に破砕しなければなりません。
しかるに、わが国は、昭和47年9月29日に「中華人民共和国」と国交を樹立して以来、土下座外交・謝罪外交を繰り返しております。そこには、聖徳太子が、隋の皇帝に差し出した『国書』示された「日出る処の天子、書を、日没する処の天子に致す。恙無きや」という大精神は全くありません。
我々日本国民は、「中華帝国主義」の本質を正しく認識し、「共産中国」のアジア侵略支配・覇権確立の策謀を粉砕しなければなりません。そのためには、「中華帝国主義」の本質を正しく認識すべきであると存じます。
今回は「中華帝国主義といかに対峙すべきか」をテーマとさせていただきました。
どうぞ皆様お誘い合わせの上ご参会頂けますよう宜しくお願い致します。



【日 時】平成23年9月24日(土) 午後5時45分開場 午後6時開会
【場 所】港区生涯学習センター(ばるーん)東京都港区新橋3―16―3
JR新橋駅下車 烏森口徒歩3分地下鉄 浅草線・銀座線・ゆりかもめ:新橋駅下車4分
【演 題】中華帝国主義といかに対峙すべきか
【登壇者】講師 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所http://www.max.hi-ho.ne.jp/m-shinomiya/
     講師 瀬戸弘幸先生 せと弘幸Blogu 『日本よ何処へ』http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
     講師 多田恵先生 亜細亜大学講師 台湾問題専門
     司会者 渡邊昇 日本の心を学ぶ会http://nihonokokoro.blog21.fc2.com/
【参加費】資料代5百円 終了後、近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)
【連絡先】日本の心を学ぶ会事務局
埼玉県川口市安行藤八33-13
電話:090-8770-7395
※ 問い合わせは、新橋生涯学習センターではなく、日本の心を学ぶ会事務局までお願いします。

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:日本の心を学ぶ会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR