第15回日本の心を学ぶ会のお知らせ

演題 愛国運動と宗教

「天の怒りか地の声かそもただらなぬ響きあり民永劫の眠りより覚めよ日本の朝ぼらけ」

五・一五事件で決起された三上卓先生が作詞された『昭和維新青年日本の歌』の一節です。

今日の祖国日本において、この歌の響きはまさに胸を打つものがあると思います。今こそ、維新断行の時なのではないでしょうか。
明治維新においては、神道国學の精神が勃興すると共に、天理教・金光教・黒住教などという所謂教派神道が勃興しました。大正維新運動・昭和維新運動における皇道大本及び日蓮主義の影響は甚大なものがあります。

そして戦後愛国運動における生長の家などのいわゆる愛国宗教の果たした役割も大変大きいと存じます。

しかし、今日、生長の家は愛国運動から離れ、日蓮系巨大教団である創価学会は、愛国運動から強い批判を受けています。

そこで、今日の愛国運動・真正保守運動と宗教との関係について考えたいと思います。

皆様お誘い合わせの上ご参加頂きますよう宜しくお願いいたします。



【日 時】平成23年8月20日(土) 午後6時より
【場 所】港区生涯学習センター(ばるーん)東京都港区新橋3―16―3
JR新橋駅下車 烏森口徒歩3分地下鉄 浅草線・銀座線・ゆりかもめ:新橋駅下車4分
【演 題】愛国運動と宗教
【登壇者】講師 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所
      講師 瀬戸弘幸先生 せと弘幸Blogu 『日本よ何処へ』
      司会者 渡邊昇 日本の心を学ぶ会http://nihonokokoro.blog21.fc2.com/
【参加費】資料代5百円 終了後、近隣で懇親会(3千円くらいの予定です)
【連絡先】日本の心を学ぶ会事務局
埼玉県川口市安行藤八33-13
電話:090-8770-7395
※ 問い合わせは、新橋生涯学習センターではなく学ぶ会事務局までお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:日本の心を学ぶ会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR