第十三回日本の心を学ぶ会お知らせ

時は鎌倉、元寇から半世紀が経ち幕府の権威も失墜、執権北条高時は政治を蔑ろにし、遊興三昧の日々を過ごし世は乱れていた・・・。
楠木正成公は、わが国史上の忠義恋闋の人と高く評価されております。「七度人と生まれ、逆賊を滅ぼし、国に 報いん」という意味の七生報国の精神。そして逆賊足利尊氏との湊川決戦の直前の「桜井の別れ」に見られる親子の絆。
 まさに忠義と孝行を世に知らしめたのが大楠公・楠木正成、小楠公・楠正行だったのではないでしょうか。
 平成の御世に大楠公が在らば如何に忠義を全うするでありましょうか。笠置山に於ける「正成一人だに生きてありと聞召さば、聖運必ず開かるべしと思召し候へ」と、後醍醐天皇に奏上せる言葉の意味をかみしめたく存じます。
 現代に生きる我々は楠公精神から、運動論そして家族の絆などを学ぼうというのが今回の勉強会の趣旨でございます。
 「楠公精神と現代」と題して下記の要領にて開催いたしますので皆様お誘い合わせの上ご参加いただけますようにお願い申し上げます。

【日 時】平成二十三年六月二十六日(日) 午後六時より
【場 所】文京区民センター二B会議室
東京都文京区本郷 四-十五-十四 地下鉄 春日下車一分(大江戸線、三田線)、後楽園下車三分(丸の内線、南北線)、JR(水道橋) ※今回は港区生涯学習センターではありません。
【演 題】楠公精神と現代
【登壇者】講師 四宮正貴先生 四宮政治文化研究所 http://www.max.hi-ho.ne.jp/m-shinomiya/
【参加費】資料代五百円 終了後、近隣で懇親会(三千円くらいの予定です)
【連絡先】
日本の心を学ぶ会事務局
埼玉県川口市安行藤八三十三ー十三
電話:〇九〇―八七七〇ー七三九五
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

日本の心を学ぶ会

Author:日本の心を学ぶ会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR